園芸センター|JA東京アグリパーク

JA八王子

園芸センター

 JA八王子は、八王子市全域を事業区域とする農業協同組合です。江戸時代には、甲州街道沿いに多くの宿場町(八王子十五宿)が栄えたこの地は、養蚕業が盛んで「桑の都」とも称される街でした。その後も多摩地区の中心的都市として発展を続け、現在では人口50万人以上を有し、多摩地区の商業・行政・教育機関が密集する中核市となっています。JA八王子では、市民の皆様へ新鮮で安全な農産物の供給を行い、農業の持つ多面的な機能を生かすべく様々な取り組みを進めています。

店内写真
住所 八王子市犬目町478-2
TEL 042-626-0431
営業時間 8:30~16:30
定休日 無休(年末年始のみ)

 JA八王子 園芸センターは、八王子市北部にある農産物直売所です。園芸センターの名のとおり、当初は植木の直売所として始まり、その後1981年から地場産の野菜等も売るようになりました。2019年2月に店内外の改装を行ってリニューアル・オープンし、八王子産の農畜産物をはじめ、植木や花き、園芸資材等も販売しています。

施設外観

JR八王子駅北口より、路線バスにて「下犬目」バス停下車、徒歩1分。
敷地内に駐車場を完備。

地域に一生懸命! 新鮮で良質なものを安くお客様へ

JA八王子 園芸センター
内山 センター長(右)
川鍋 店舗担当(左)

早朝から新鮮な採れたて野菜が続々入荷!

 八王子は耕地面積や販売農家数が都内No.1を誇る街。毎日早朝から、多くの農家さんが採れたての農産物をお店に運んできます。新鮮さはもちろん、出荷量が多く、品目も豊富で、お値段もお手頃なのが当店の自慢です。商品によっては売り切れの場合もありますので、まずはぜひ午前中にご来店ください。

リニューアルで店内は一新!

 2019年2月のリニューアル・オープンで、店内はゆったりと明るく、お買い物を楽しんで頂ける環境に生まれ変わりました。
 お客様が入店後、店内をまんべんなく巡回しながらお買い物をして頂けるように、商品の陳列配置に気を配るなど様々な工夫を凝らしています。

同じ野菜でも様々な種類が揃うことも!

 同じ野菜ばかりが重複するのを避けるために、農家さんの中には、色々な種類の野菜や珍しい野菜づくりを手掛ける方がいます。例えば、茄子でも白なす、緑なす、米なす、長なすなど多種多様な茄子が一同に並ぶのが当店の特色です。

都内No.1の耕地面積を誇る八王子ならではの豊富な品揃え!

 JA八王子園芸センターでは、「生産者農家の新鮮な野菜を食卓に!」をモットーに八王子産の新鮮な農畜産物をはじめ、植木や花き類などを豊富に取り揃えています。

  •  直売所には我々生産者仲間が大切に育てた色んな種類の農産物があります。また、若い世代の生産者も育ち、新しい品目にも挑戦しています。
     実際に足を運んで頂き、新しいものや珍しいものを発見して頂けるのも、直売所の魅力ではないでしょうか。

  •  地場産の鶏卵は開店直後、多くのお客様が真っ先に買い物籠にいれる程の大人気です。

  •  地場産品を使った加工品をはじめ、手作り和菓子やパン、Aコープ商品、他地域で収穫された野菜やフルーツ類なども豊富に取り揃えています。

    •  JA八王子では、八王子産パッションフルーツの名産化に向けて様々な取組を行っています。
       パッションフルーツを使った加工品類(ワイン、サイダー、ジュース、ジャムなど)を販売中。
       収穫がピークの8~9月ごろには生果も販売します。

園芸センターならではの充実の品揃え

  •  直売所の店舗奥には植木販売エリアがあり、生産者ごとに区画割りされ、植木や苗木類が販売されています。
     植木は市価の2~3割引の低価格で販売しており、ご好評を頂いています。

     毎年4月下旬には野菜苗まつりが開かれ、多くのお客様で賑わいます。

常にお客様ファースト お買物を楽しんで頂くために・・・

 JA八王子園芸センターでは、店舗改装リニューアル・オープンに伴い、店内の通路幅を広げてカートでのお買い物を可能にしたり、車椅子対応のトイレを設けるなどユーザーインターフェースの向上を図りました。

 また、商品に関するお客様からのご質問やご相談にお応えできるように、常に農家さんから情報収集をするように心掛けています。
 お気づきの点やご不明な点がありましたら、ぜひ店内スタッフにお声掛けください。
 皆様のご来店をお待ちしています。

直売所ページへ